blog

ifca showroom blog

2017年下期各賞受賞者のご紹介~MIP・社員賞編~

【2018/01/30】 カテゴリ:

ifca showroomを運営するPA Communicationでは「PR賞」「ベストプロジェクト賞」「MIP賞」「社員賞」という賞を設け、半期ごとに各賞の受賞者を表彰しています。

【ベストプロジェクト賞】
PRとプロモーション、イベント、ウェブ、SNS等の様々な施策を組み合わせてインタラクティブな企画を実現したプロジェクトに関してプロジェクトリーダーを表彰します。
賞金上限10万円迄の構成員との打ち上げ等の経費使用権

【PR賞】
傑出したPR露出に関して下半期の候補作より全員投票で決定されます。賞金10万円

【MIP賞】
「MIP(Most Impressed Player)」これまでのMVP賞から、より弊社らしいオリジナル賞が新設されました。2017年下半期に傑出した取引先ブランドへの貢献に加えて、知見や経験を社内に落とし込んでいるスタッフ、社の成長に寄与した社員を表彰します。賞金10万円

【社員賞】
2017年下半期にディレクターの発案によって新設された賞で、チーム、メンバー間や社員同士への貢献を通して、2017下期No.1の立役者となった社員を表彰します。賞金5万円


下期を振り返る全体ミーティングにて、
代表・曽原より2017年下期の受賞者の発表がありました。

今回は、MIP賞、社員賞ついてご紹介いたします!




【MIP賞】中村
受賞理由:-(半期を通した活躍により受賞決定)


この度、2017年下期に新設された「MIP賞」の第一号受賞者となりました中村です。
新設された賞の受賞はありがたいとともに、身の引き締まる思いの両方があります。
今回受賞させて頂きましたのは、PRをしていくにあたり、大切に考えていることが評価されてのこと、と考えております。
私がPRとして大事にしているのは、本当に基本的なことです。どの職種でも同じだと思いますが「コミュニケーション」です。「コミュニケーション」を取る相手が、社内であろうと社外であろうと、どの立場の人でも変わらず接すること、これに尽きると思います。
相手の立場に立って、相手がどのようなことを望んでいるか、また、一緒に過ごす時間が有意義だと感じてもらえ、もう一度仕事をしてみたいな、、、という気持ちを持ってもらえるような対応を心掛けています。
しっかり「コミュニケーション」を取ることで、皆で同じ方向を向き(目標を持ち)、同じ未来を見据えて、PRの戦略と指針を決めていくことができます。もちろん、経験だったり、知識だったり、他の技術も必要になりますが、PRの基本は「コミュニケーション」だと思います。

今後も一緒に仕事をしてよかったな、、と感じてもらえるような仕事をしていけるよう精進するとともに、安心感を与えられる存在となれるよう、アンテナを張りめぐらし、自身の技術も高めていきたいと思います。受賞させていただいたことを糧にさらに上を目指していきたいと思います。ありがとうございました!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【社員賞】山田
受賞理由:-(半期を通した活躍により受賞決定)


この度、新設された社員賞を頂きました山田です。
内定者インターンから開始し、新卒入社として2年半が経った今も、日々学ぶ事ばかりです。今回の賞を励みに、一層気を引き締めていきたいと思います。
所属する管理グループではバックオフィスの面からブランドのPR活動をサポートしています。私の場合、社会人を経て大学に進学した為、就職活動時は現役生に比べ年齢が高いというハンディキャップがありましたが、弊社に内定後は社会人時代に吸収した経験を生かしながらインターンとして様々な業務に携わり、入社半年後には任される範囲が広がっていきました。
管理部門の営業数字を担当しており、全ての案件の動きを把握していることもあって、スピード感を持ってブランド担当者の仲間と一緒に仕事をしている実感があります。また、デスクワークだけでなく、イベントの受付を担当したり、展示会を見に行ったり出来る事も、PR会社ならではの経験です。
外資系企業とのやり取りが多い為、英語の請求書や契約書を扱ったり、英語の問い合わせ対応などでは留学経験が生きています。愛用している海外ブランドからの新規問い合わせに対応し、契約が決まった際の喜びは非常に大きかったです!
普段はコツコツとした業務が主にも関わらず、それを評価するシステムがあること、頼ってくれる仲間にとても感謝しています。この度は、大変光栄な賞を頂き、ありがとうございました!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2017年下期の受賞発表は以上となります。2018年度も、半年後の発表をお楽しみに!
ありがとうございました!

prevPREV
nextNEXT
listLIST

最近の記事

    カテゴリ

    pagetop

    pagetop