ifca showroomはファッションを
得意とするPR会社です

ifca showroom

TEL
MENU
表参道沿いの表参道ヒルズの目の前という好立地を活かしたPR活動を展開。アパレル、ジュエリー、シューズ、バッグからスポーツブランド、時計、デジタル機器まで幅広い国内外のブランドを展示し、来場するスタイリストや編集者へのお貸出しを行っています。

Profile

Profile

曽原 健
(PA Communication代表)
経歴

立教大学社会学部社会学科卒。
1995年外資系代理店マッキャンエリクソンを退社して独立。90年代後半G-SHOCKブームの牽引車として活躍し、2004年ファッションブランドのPRを行うifca showroomを表参道に開設。
現在、ファッションブランドやスポーツブランドに特化したPR会社で数多くのPR戦略を指揮する。

PR&ブランディング実績ブランド

G-SHOCK、ASICS、Amazon、FOREVER21 and more

趣味

ダイビング、歴史小説、DJイベント、城廻り

出身

東京生まれ 鎌倉育ち

ifca showcase
PAC
Ken Sohara Twitter
ifca showroom twitter
ifca showroom facebook
お気に入りに追加する
RSS

Search

Recent Entry

    Category

    生き残りましたね
    【2017/12/28】

    「お互い、生き残りましたね。」


    2017年も終わりが近づくある日、表参道の交差点で懐かしい方に再会した。


    自分、そしてあるブランドの行く末を左右したその人とは。


    セレクトショップ「ユナイテッド・アローズ」(UA)の栗野宏文氏だ。


    今はユナイテッド・アローズのクリエイティブディレクション担当上級顧問、当時は常務取締役だった、と記憶している。


    このブログでも書いているが、当時とは1996年。


    この年の10月にG-SHOCKにとって分岐点となるUAモデルが発売された。


    詳細はこの記事を。

    http://www.mens-ex.jp/special/g-shock-1996/


    ストリートファッションでは圧倒的な人気のG-SHOCKがモード的なファッションも手がけていたユナイテッド・アローズとコラボレーションすることで、ファッションウォッチとしても間口を広げた歴史的な出来事だった。


    当時、自分はG-SHOCKのセレクトショップでの販路開拓を目標としていた時計企画部の方々の依頼を受け窓口となっていた。そして、メディア等で既に著名人だった栗野氏を訪ねてコラボの交渉を重ねていた。

    ※その辺りのことはこのブログても書いているのでご覧いただきたい。


    当初、G-SHOCKの存在すら知らなかったのに、現場の店員 や広報の方にリサーチを重ねて、このコラボレーションの英断を下してくれた恩人である。


    その後もG-SHOCKに目をかけてくれて、アントワープモデルのきっかけも作ってくれた。


    当時、私と同行した時計企画部の伊東氏がアメリカでの赴任を経て、今や専務となったことは伝えると「そうですか、すごいですね」と喜んでくれた。


    そして、自分の近況を伝えると、栗野氏は冒頭の「お互い、生き残りましたね。」という言葉をかけてくれた。


    もともと、言葉の使い方が粋だった氏の言葉遣いは一段と磨きがかっていた。


    タイミング次第で「生き残る」って素敵な言葉だなっと思った。


    そしてファッション界に確固たる地位を築いた氏も長い人生で紆余曲折があったのだろう。


    来年の2月にカシオの伊東氏も交えて初めて夕食を共にすることになった。


    年末に自分の人生を回顧するような素敵な言葉をもらった。