ifca showroomはファッションを
得意とするPR会社です

ifca showroom

TEL
MENU
表参道沿いの表参道ヒルズの目の前という好立地を活かしたPR活動を展開。アパレル、ジュエリー、シューズ、バッグからスポーツブランド、時計、デジタル機器まで幅広い国内外のブランドを展示し、来場するスタイリストや編集者へのお貸出しを行っています。

Profile

Profile

曽原 健
(PA Communication代表)
経歴

立教大学社会学部社会学科卒。
1995年外資系代理店マッキャンエリクソンを退社して独立。90年代後半G-SHOCKブームの牽引車として活躍し、2004年ファッションブランドのPRを行うifca showroomを表参道に開設。
現在、ファッションブランドやスポーツブランドに特化したPR会社で数多くのPR戦略を指揮する。

PR&ブランディング実績ブランド

G-SHOCK、ASICS、Amazon、FOREVER21 and more

趣味

ダイビング、歴史小説、DJイベント、城廻り

出身

東京生まれ 鎌倉育ち

ifca showcase
PAC
Ken Sohara Twitter
ifca showroom twitter
ifca showroom facebook
お気に入りに追加する
RSS

Search

Recent Entry

    Category

    GOGO PENGUIN
    【2018/02/21】


    2月19日『GOGO PENGUIN』をBlue Note Tokyoで観た。

    2018年初のLIVEである。


    一般的な知名度はゼロだが、高感度な音楽ファンに注目されるイギリスはマンチェスターのピアノトリオ。


    ジャズというジャンルではあるが、エレクトロニックに実験的な新世代の音楽だ。


    だいたい『GOGO PENGUIN』(ゴーゴーペンギン)という名前自体が人を食った名前である。


    不可思議なバンド名とは裏腹に、サウンドは実験精神もあり非常にタイト。テクノやエレクトロニカ、ヒップホップの影響を感じる跳ねるで不規則なビートに乗せてクラシカルでメロディアスなピアノの旋律が心地よい、新世代Jazzと形容出来そうな音楽性。


    ピアノ、ベース、ドラムという典型的なジャズの編成ながら、トリッキーな音の出し方やリズム等、ジャズの枠を超えていた。


    アメリカではSnarky Puppy、Kamasi Washington等のジャズの新しい潮流が出てきているが、その流れの中でイギリスらしいスパイスが効いていて差別化を図っている、そんな感じ。


    この日もBlue Noteは超満員、ジャズとはいえ観客の世代は若く熱気に溢れていた。


    帰り際にトリオからサインをもらった。


    皆、無愛想というか、シャイというか、余計な愛想はない。

    ブルーのボタンダウンシャツに色落ちしたデニムと、ファッションに無頓着な英国の大学に行けばどこにでもいそうな若者風情。


    しかし、聴くにつけて癖になるサウンドである。