ifca showroomはファッションを
得意とするPR会社です

ifca showroom

TEL
MENU
表参道沿いの表参道ヒルズの目の前という好立地を活かしたPR活動を展開。アパレル、ジュエリー、シューズ、バッグからスポーツブランド、時計、デジタル機器まで幅広い国内外のブランドを展示し、来場するスタイリストや編集者へのお貸出しを行っています。

Profile

Profile

曽原 健
(PA Communication代表)
経歴

立教大学社会学部社会学科卒。
1995年外資系代理店マッキャンエリクソンを退社して独立。90年代後半G-SHOCKブームの牽引車として活躍し、2004年ファッションブランドのPRを行うifca showroomを表参道に開設。
現在、ファッションブランドやスポーツブランドに特化したPR会社で数多くのPR戦略を指揮する。

PR&ブランディング実績ブランド

G-SHOCK、ASICS、Amazon、FOREVER21 and more

趣味

ダイビング、歴史小説、DJイベント、城廻り

出身

東京生まれ 鎌倉育ち

ifca showcase
PAC
Ken Sohara Twitter
ifca showroom twitter
ifca showroom facebook
お気に入りに追加する
RSS

Search

Recent Entry

    Category

    Moonchild
    【2018/05/16】

    2018年も春を過ぎたが、この辺りから行きたいLive増えていく。


    2018年前半のLIVEリスト

    2/19   GO GO PENGUIN(Blue Note)

    3/5   小坂忠(Billboard)

    4/3   Lisa Fischer(Blue Note)

    4/5   Joan Osborne(Cotton Club)

    4/10   Lalah Hathaway(Blue Note)

    5/14   Moonchild(Blue Note)


    今年は女性ボーカルの当たり年なのか4月は3人のタイプの異なる女性シンガーを続けて観た。

    ロック系のバックコーラスで著名なLisa Fischer。特にストーンズのギミーシェルターでのライブパフォーマンスは圧巻である。意外にもステージはロック系というよりアンビエント&ジャジーな感覚に溢れたもの。

    Joan Osborneは「One Of Us」のヒットで知られるが、今回は「Sings Bob Dylan」というテーマで全曲Bob Dylanのカバーで通すという企画もののステージ。キーボードのサポートと本人のギターといういたってシンプルな構成でフォークとブルースをブレンドしたルーツを忍ばせる展開。透明な歌声からハスキーヴォイスまで変幻自在な歌唱力を堪能した。新作も『The Songs of Bob Dylan』というタイトルのカバー集。ライブでは「天国の扉」等アルバムに入ってない曲も紹介された。

    Lalah Hathawayはダニー・ハサウェイを父に持つJazzとR&Bを行き来する超絶テクのボーカリスト。この日のステージはその父のトリビュートとして持ち歌をカバーしつつ、新作からの曲も披露した。彼女のような抜群の歌唱力で再現される「A song for you」、天国の作者レオン・ラッセルも喜んでいるだろう。楽器のような趣を持つ彼女のボーカルを支える演奏陣もまた素晴らしい。絶妙なハモンドオルガンを聴かせるLynette Williams(key)、若手のドラマーTavarius Johnson(ds)等、一級品の味わいだった。


    そして、本題の「Moonchild」。「百聞は一見に如かず」とはこのことで、音楽こそLIVEを観なくして語れないことを実感した。

    LA出身の3人組トリオのMoonchildは女性リードボーカルのアンバー・ナヴランと二人の男性キーボードからなる。新世代ネオソウルと称される彼らのCDを聴く限りだとドラムも打ち込みで果たしてLIVEは観る価値があるかと前日まで迷っていた。Lalah Hathawayを観に行った時にBlueNoteのスタッフに「曽原さんの好みですよ!」と言われて、ずっと気になっていた。そして前日に行われた横浜でのLIVE映像をFBで観て、意外に迫力のある演奏を聴き行くことを決めたのであった。

    当日観たLIVEはまさに圧巻。ここ数年でもベストに値する驚きの連続であった。

    まずサポートドラマーが入り四人編成の演奏であったが、この黒人ドラマーEfa Etoroma Jr.のプレイが抜群でありノリをもたらし、ふわっとした感じのスタジオとの違いを大いに際立たせていた。

    さらに、このバンドの最大の見せ場。3人のメンバーがそれぞれトランベット、テナーサックス、アルトサックスを瞬時に持ち替えて、即席のブラスセクションが登場するところ。女性ボーカルのアンバーはテナーサックスに加えてフルートも演奏。キユートな外見の彼女が管楽器をいきなり演奏する意外性はビジュアル的にもインパクトがある。どちらかというとミニマルにクールに進むステージの中に突然ブラスセクションが登場する驚きで会場は興奮の坩堝となる。


    スペーシー、浮遊感で表される彼らの持ち味を存分に発揮しつつ、即席ホーン隊と生ドラムによるグルーブとジャズ感が本当に心地よい、新しい体験の夜だった。

    若くて初々しい彼らだが、誰にも真似できないオリジナリティーを持ち、ウケ狙いではなくクリエイションに昇華させていたところが今後も本当に楽しみ!



    セットリスト
    1. THE LIST
    2. WINTER BREEZE
    3. RUN AWAY
    4. 6AM
    5. EVERY PART
    6. THE TRUTH
    7. ALL THE JOY
    8. SHOW THE WAY
    9. THINK BACK / LONG WALK
    10. NOBODY
    11. CURE
    12. BACK TO ME
    EC. DON’T WAKE ME