ifca showroomはファッションを
得意とするPR会社です

ifca showroom

TEL
MENU
表参道沿いの表参道ヒルズの目の前という好立地を活かしたPR活動を展開。アパレル、ジュエリー、シューズ、バッグからスポーツブランド、時計、デジタル機器まで幅広い国内外のブランドを展示し、来場するスタイリストや編集者へのお貸出しを行っています。

Profile

Profile

曽原 健
(PA Communication代表)
経歴

立教大学社会学部社会学科卒。
1995年外資系代理店マッキャンエリクソンを退社して独立。90年代後半G-SHOCKブームの牽引車として活躍し、2004年ファッションブランドのPRを行うifca showroomを表参道に開設。
現在、ファッションブランドやスポーツブランドに特化したPR会社で数多くのPR戦略を指揮する。

PR&ブランディング実績ブランド

G-SHOCK、ASICS、Amazon、FOREVER21 and more

趣味

ダイビング、歴史小説、DJイベント、城廻り

出身

東京生まれ 鎌倉育ち

ifca showcase
PAC
Ken Sohara Twitter
ifca showroom twitter
ifca showroom facebook
お気に入りに追加する
RSS

Search

Recent Entry

    Category

    2018年Best Live
    【2019/01/17】

    だいぶ更新が途絶えてしまった。

    恒例のBestLive。


    2018年に観たライブは、

    2/19   GO GO PENGUIN(Blue Note)
    3/5   小坂忠(Billboard)
    4/3   Lisa Fischer(Blue Note)
    4/5   Joan Osborne(Cotton Club)
    4/10   Lalah Hathaway(Blue Note)
    5/14   Moonchild(Blue Note)

    5/31       Chris Dave The Drumhedz(Billboard)

    6/8         Corinne Bailey Rae(Billboard)

    6/16       Rhiannon Giddens (NY/Central Park)

    6/17       David Crosby(NJ/Mayo Performing Arts Center)

    7/19       Ghost Note(Blue Note)

    8/9         WOLFGANG MUTHSPIEL w/ BRIAN BLADE & SCOTT COLLEY(CottonClub)

    8/10       CITRUS SUN(Blue Note)

    8/19       Kamasi Washington(Billboard)

    8/27       矢野顕子w/WILL LEE & CHRIS PARKER(Blue Note)

    8/28       R+R=NOW(Billboard)

    9/1         R+R=NOW(NHKホール/東京Jazz)

          Herbie Hancock、Tigran Hamasyan(NHKホール/東京Jazz)

    10/10     Bokante(Blue Note)

    10/11     Bokante(Blue Note)

    10/18     ABC(Billboard)

    11/2       Jose James(Billboard)

    11/8       Richard Bona(Blue Note)

    11/27     KANDACE SPRINGS(東京国際フォーラムC)

    12/7       CHICO & THE GYPSIES(Blue Note)

    12/11     Julian Lage(Cotton Club)


    Best5は

    1.Moonchild(Blue Note) 5/14

    2.Bokante(Blue Note) 10/11

    3.Jose James(Billboard) 11/2

    4.Kamasi Washington(Billboard) 8/19

    5. R+R=NOW(NHKホール/東京Jazz) 9/1


    2018年は良いライブが多過ぎて選ぶのは苦心した。


    1.は意外性。期待値は低かった分、生の良さに爆発した。3人+ドラムであの音は凄いが、キーボードからサックスに持ち替えたり、女性ボーカルが突然サックスを吹いたりビジュアル面での意外性が素晴らしかった!ボーカルのアンバー・ナヴランの可愛さとファッション性はジャズ界のファッションアイコンとして期待できる。

    2.は3人のパーカッションのアンサンブルと3人のギターとの絡み。アフロなリズムとハードロック風のギターの異種混合。マイケル・リーグの新しい試みは成功している。

    3.はホセの嬉しそうな歌いっぷり。全曲、ビル・ウィザーズのカバーだから悪いわけない。そして、ネイト・スミスを筆頭にバックの演奏の素晴らしさ。

    4と5は期待の大物が期待通りに魅せてくれた。


    2018年は何と言ってもドラマーの当たり年。

    自分が観ただけで、

    Chris Dave。WOLFGANGと来たBRIAN BLADE。JoseのバンドのNate Smith。Ghost-NoteのRobert “Sput” Searight 。R+R=NOWのJustin Tyson 。KamasiのツインドラムのTony Austin 、Ronald Bruner Jr.。MoonchildのゲストドラマーのEfa Etoroma Jr.もすごくよかった。レコードでもドラマーがプロデュースしたり、自分名義でアルバム出したりと縁の下の力持ちから、すっかりと主役へ。


    番外は自分のLegendミュージシャンのDavid Crosbyをアメリカで観れたこと。

    本人とも話せたし思い出に残るトピック。