ifca showroomはファッションを
得意とするPR会社です

ifca showroom

TEL
MENU
表参道沿いの表参道ヒルズの目の前という好立地を活かしたPR活動を展開。アパレル、ジュエリー、シューズ、バッグからスポーツブランド、時計、デジタル機器まで幅広い国内外のブランドを展示し、来場するスタイリストや編集者へのお貸出しを行っています。

Profile

Profile

曽原 健
(PA Communication代表)
経歴

立教大学社会学部社会学科卒。
1995年外資系代理店マッキャンエリクソンを退社して独立。90年代後半G-SHOCKブームの牽引車として活躍し、2004年ファッションブランドのPRを行うifca showroomを表参道に開設。
現在、ファッションブランドやスポーツブランドに特化したPR会社で数多くのPR戦略を指揮する。

PR&ブランディング実績ブランド

G-SHOCK、ASICS、Amazon、FOREVER21 and more

趣味

ダイビング、歴史小説、DJイベント、城廻り

出身

東京生まれ 鎌倉育ち

ifca showcase
PAC
Ken Sohara Twitter
ifca showroom twitter
ifca showroom facebook
お気に入りに追加する
RSS

Search

Recent Entry

    Category

    【2017/05/30】

    Gregg Allman(Allman Brothers Band)が27日、ジョージア州サバンナの自宅で死去、69歳だった。


    28日の朝、Ringo Starrがこのことを報じるTweetを見て、我が目を疑った。

    そして、次々と彼を追悼する多くのミュージシャンのSNS上でのメッセージ。

    自分も現実として受け入れるしかなかった。


    Gregg AllmanのLIVEを観たのはただ1回。

    91年の初来日での中野サンプラザで開催されたAllman Brothers Bandの公演だった。

    再結成しすでに全盛期を過ぎての来日だったからか、彼らにしては随分小箱での演奏となったが、逆に間近に観られて幸運だった。

    それまではそれ程のファンでもなく、GreggよりもDickey Bettsのカントリーフレーバーに魅かれている程度だった。


    それがマッシュルームのサイケな画像が延々と続く70年代風味たっぷりな演出にやられ、そしてGreggのソウルフルでブルージーな白人の域を超えたボーカルにすっかり魅了されてしまった。その後は敬遠していたFillmore EastのLIVE等、初期の名盤を聴き漁り、あっという間にAllmanフリークになってしました。


    当時のメンバーは、Gregg、DickeyにJaimoeと今年の初頭に逝去したButch Trucksのツインドラム。この4人のオリジナルメンバーに加えて、2014年の活動休止まで活躍したギターのWarren Haynes等でかなり強力なメンツであった。

    その後にDickeyが抜けてButch Trucksの甥であるDerek Trucksが入り、2000年代には第二期の黄金期を迎えることになる。


    1969年から2014年までの長い間、紆余曲折を経てバンドを存続させ、惰性ではなく2000年代もジャムバンドの走りとして充実したLIVEを続けられたのものGreggの尽力あればこそ。


    後にストーンズのキーボードとなるChuck Leavell(1972-1976, 1986)や現在はGOV'T MULEのWarren Haynes (1989-1997, 2000-2014)等、次々と若手を抜擢しバンドを存続させてきた。

    その代表格は今やスーバーバンドに成長したTedeschi Trucks Bandを率いるドラマーButchの甥Derek Trucks。

    1999年に10代で参加し天才ギタリストとして、Greggの兄Duane Allmanの再来と言われた。Derekという名前がDuane Allmanが参加したEric ClaptonのLaylaを生んだDerek&Dominosから取られたことから考えるとまさにギターの申し子である。


    そして、兄Duane Allman在籍時に1971年に録音された「At Fillmore East」はロック史に名を残すLIVEの名盤となった。


    参加メンバー

    Duane Allman – lead guitar, slide guitar
    Gregg Allman – organ, piano, vocals
    Dickey Betts – lead guitar
    Berry Oakley – bass guitar
    Jai Johanny Johanson – drums, congas, timbales
    Butch Trucks – drums, tympani


    ここで聴かれるGreggのボーカルの凄まじさと白人でありつつブルーズを熟知した唱法。

    そして、Duane Allmanのslide guitarと変則的なリズムを展開するツインドラムの合間を縫って、Greggの鬼気迫るオルガンプレイも聴くことができる。


    ロックがロックであった時代、そしてブルーズ、ジャズ、カントリー、ソウルと凡ゆるアメリカンルーツミュージックを飲み込んでロックを新たな高見にのし上げた、20代の若者たちをリスペクトしたい。




    【2017/05/16】

    近頃はめっきり海外には行かなくなった。

    創業の頃は毎月のように海外出張があり、ロンドン、ニューヨーク、パリという定番の都市から、アフリカ、ベルギー、オーストラリア、ベルリン等々まで世界中を巡っていた。

    インターネットも発展途上でホテルの接続で四苦八苦したものだった。


    最近はもっぱら国内に旅行に行く。

    予算も時間も節約できて、日本史好きだから国内の景勝地を巡っている。


    連休は北海道新幹線を利用して、陸路で初めて北海道(函館)を訪問した。

    約4時間の旅だが文庫本を読み、駅弁を食べていればすぐ着く感じだ。


    そして今回の目的地は五稜郭。

    五稜郭タワーから見下ろした雄姿。


    新選組の副長として知られる土方歳三の最期の地としても人気がある。

    当時は函館ではなく箱館と言われていた。


    榎本武揚が樹立した新共和国に土方は賛同し、新政府軍と最後まで戦うことになる。

    和装で知られる新選組だが、これに参加することであの有名な洋装の土方歳三の写真が

    後世に残ることになる。


    この星型の異形は、西洋の軍法に基づいた攻めにくい形状であるようだ。


    地元の温泉に夜景や海産物とリーズナブルな満喫できる函館はオススメである。





    【2017/04/26】

    4月25日 日本武道館 Paul McCartney


    2015年4月28日以来、再びPaulが武道館のステージに立った。


    値段が値段だし、今回は迷った上に観ることにした。


    前回同様、ビートルズの初期曲でコンサートの幕が上がる。


    ただ実際のところ、自分にとっては前回を上回る興奮が訪れることはなかった。


    前回の感想

    https://www.ifca.or.jp/ceoblog/entry53.html


    最大の原因は武道館というスペースの広さ(狭さ?)に慣れてしまったこと。


    それと、長く続きすぎた今のPaulのバックバンドに飽きてしまったこと。


    特にビートルズの曲を演ると上手過ぎる、というか音が過剰過ぎるのが鼻に付く。


    こう思うのは昨年公開された映画「Eight Days A Week」の影響も大きい。


    同時に発売された「ハリウッドボウル」でのLive盤。


    従来、特に初期のビートルズのライブでの演奏は下手、という定説があった。


    実は観客の声でかき消されていただけで、リマスタリングされたビートルズの演奏の迫力に皆驚いたものだ。


    小手先のテクニックではなく、溢れ出るパッションとひた向きさ、特にRingoとPaulの繰り出すリズムセクションのタイトさに圧倒された。


    逆にPaul独裁のバンドだったWingsの曲の演奏はなかなかの迫力だった。

    (Jet、Let Me Roll It、Junior's Farm、1985 )


    前回は「One After 909」に世界初演奏の「Another Girl」にアンコールの「Birthday」。


    選曲の驚きと構成、そしてドームで見慣れた目には武道館はクラブのようで、会場は興奮の坩堝となった。


    今回も「Love Me Do」やビートルズ時代はRingoがリードボーカルだった「I Wanna Be Your Man」に「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のリプライズとサプライズもあったが、初物の強みか初回には及ばず。


    個人的にはソロ第一作「McCartney」から演奏された超渋い「Everynight」に感激。


    ビートルズ在籍中に「Let it be」の発売を待たずに発売された曰くつきのアルバム。


    苦い時期に発売され不評でもあったこの作品であるが、この曲や「Maybe I'm Amazed」のような珠玉の名曲も含まれていた。


    この日はサービス精神旺盛な彼らしく「Hey Jude」や「Yesterday」も演ってくれた。


    ストーンズが武道館でもし演ればヒット曲なんか選ばず全曲ブルースカバーで通しそうだが。

    【2017/04/24】

    2017年に入り多忙のためLiveに行けてなかった。


    そして4月に入り今までの憂さを晴らすようにLiveが続く。


    まず4/14(金) 日本武道館 にてNorah Jonesの来日公演。


    前回観たのが2002年の東京国際フォーラムホールCだから本当に久しぶり。


    セットリスト

    01.Peace
    02.I've Got To See You Again
    03.Tragedy
    04.Out on the Road
    05.Sinkin' Soon
    06.Don't Be Denied [Neil Young]
    07.Chasing Pirates
    08.Rosie's Lullaby
    09.Tell Yer Mama
    10.Stuck
    11.Don't Know Why
    12.Little Broken Hearts
    13.Travelin' On
    14.Painter Song
    15.Carry On
    16.Flipside
    17.And Then There Was You
    アンコール
    18.Sunrise
    19.Creepin' In
    20.Come Away With Me


    2002年の時は新人のシンガーソングライターという初々しい風情だったが、すっかり貫禄がついて抜群に唄が上手くなった印象。

    そしてバンドとの一体感も素晴らしく、ピアニストとしての腕も中々。




    ジャズをベースにしつつ、フォーク、カントリー、ブルーグラス、オルタナティヴロックと様々なジャンルを身軽に行き来するノラらしい素敵な空間だった。



    そして二組目が同じくジャズをベースにしたSnarky Puppy。

    昨年に引き続きの来日でBlue Note Tokyoで4/16〜4/18までLiveが開催された。

    昨年は横浜のBay Hallで観たのが初見であったが、その素晴らしさに今回は初日と最終日に行くことにした。


    自分は4/16の1stと4/18の2ndに出かけたわけだが、

    初日のセットリストは
    1. GØ
    2. GROWN FOLKS
    3. KITE
    4. TAROVA
    5. SEMENTE
    6. WAM
    EC. QUARTER MASTER


     


    ノラと同様にSnarky Puppyもジャンルレスな存在で、ジャズ、フュージョン、ファンク、ラテン、テクノ、R&Bと様々なジャンルを超えた演奏を展開する。


    このバンドの最大の特長は流動的なメンバー構成。

    30人強のメンバーから毎回選りすぐりのメンバーが選ばれる柔軟性の高いバンド運営を取り入れている。

    この発案者は勿論、リーダーのMICHAEL LEAGUE。

    現在の音楽シーンで最も独創的なリーダーの一人であるMICHAEL LEAGUEは、バンドリーダーでありベーシストであり、コンポーザーでありプロデューサーであり、Ground Upというレーベルの創始者でもある。


    ベースのMICHAELとホーンの3人(キーボード兼務含む)がほぼ不動で、ドラムス、パーカッション、キーボード、ギターが流動的である。

    前回の来日でテクノ&プログレ的なサウンドを醸し出していた鍵盤のBill Laurance、ラテンな音作りに貢献したNate Werthから、Bobby Sparks(鍵盤)、日本人の小川慶太(パーカッション)に変わりサウンドが大きく変貌した。


    2017来日メンバー
    Michael League(b,key)
    Justin Stanton(tp,key)
    Mike "Maz" Maher(tp,flh)
    Chris Bullock(sax)
    Bobby Sparks(key,org)
    Chris McQueen(g)
    Jason "JT" Thomas(ds)
    Keita Ogawa(per)


    特にBobby Sparksが4/18の2ndステージのFloodで魅せたゴスペル風味満開のオルガンプレイは今回の来日の白眉であった。

    前回がテクノ&プログレとラテンのミックスなら今回はファンクをベースにゴスペル&ニューオリンズよりブラックな音展開となった。


    そして日本人としてこのメジャーリーグ級のテクニック集団に選ばれた小川慶太。

    抜け感のあるスネアとシンプルなドラミングのJason "JT" Thomas(ドラムス)との掛け合いは大迫力。少し能や囃子と言った日本的なリズムも醸し出しつつも精緻で緻密な日本人的な打楽器演奏を聴かせてくれた。


    終了後、地元の小川慶太とMichael Leagueがサイン会のサービス。

    疲労感など微塵も見せずに笑顔でサインに応じるMichael。

    経営者としての責任感か、根っからのエンターテイナーなのか。

    とにかくよく働く。


    メンバーが変わりサウンドが変われば観客から不満が出そうなものだが、またその違いを楽しめるのがSnarky Puppyの良いところである。


    バンドというのは固定的なメンバーが繰り出すそのバンドの個性を楽しむものだが、Puppyは流動的、かつ柔軟的で変幻自在。

    メンバーも観客もその緊張感とハプニング性を楽しむことでコミュニケーションを図り、コミュニティは拡大する。


    【2017/02/14】


    昨日の音楽界はグラミー賞2017の授賞式の話題で盛り上がる。

    正直、現在の主流的な音楽シーンには関心がない自分は、wowwowで放映されたメジャーな賞に関しては不感症だった。

    放映されたパフォーマンスで言うとAdeleのジョージ・マイケルとBruno Marsのプリンスの追悼パフォーマンスは素晴らしいものだった。

    メジャーな賞で言うと意外にも音楽部門で初となる故デビッド・ボウイの5部門の受賞。
    遺作となった「Black Star」はTedeschi Trucks BandのベーシストであるTim Lefebvreがバッキングを担当しており、尚更嬉しいニュースだ。


    さて、自分が本当に注目していたのはむしろマイナーに部類に属する部門。
    今年はその辺りで多くの注目アーティストが受賞している。

    まずSnarky Puppyとの共演パフォーマンスで以前受賞したLalah Hathawayが「 Lalah Hathaway Live」で受賞。

    そして、そのSnarky Puppyは「Culcha Vulcha 」でBest Contemporary Instrumental Albumを獲得し2年連続のグラミー賞獲得の快挙となった。
    昨年の来日でも素晴らしいパフォーマンスで感動したが、今年はBlue Noteという小箱で観れるし、さらに日本人パーカショニストの小川慶太が凱旋公演という形で参加するのも見もの。

    さらに、最も小躍りしたのはSarah Jaroszの二冠である。
    1991年生まれの25歳のSarah。
    一昨年のLive Magic!のI'm with herのパフォーマンスを観て以来、虜になっている。
    若さに似合わないステージ度胸とハリのある声。
    そして、その若さで数種の楽器を操るマルチプレーヤーとしての実力。

    Best Folk AlbumとBest American Roots Performanceの二部門での獲得。

    これを機に飛翔して単独来日でのLIVEを期待したい。

    受賞曲のHouse of Marcy。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |