news

news

[2018.05.25]ブエノスアイレス発のフレグランスメゾン「FUEGUIA 1833」のPRを開始




PACでは、2018年5月より「FUEGUIA 1833」のPR活動を開始しました。



「FUEGUIA 1833」とは


2015年10月に日本初上陸し、グランドハイアット東京に本店を構えるブエノスアイレス発のフレグランスメゾンです。南米各地で採取した植物などを用いて、希少価値の高いユニークなオード・パルファムを発表し続けています。

調香師、ジュリアン・ベデルはアルゼンチンで育ち、詩やタンゴ、パタゴニアの自然、歴史、文化、人物からインスピレーションを受けた香りを製造しています。

デザイナーや音楽家としての顔も持つ彼は感性も豊かで、香水だけでなく、商品を入れる箱や店内の内装まで手がけています。




独自の世界観が広がる香りにはそれぞれストーリーを秘めており、人によって感じ方が違うのも魅力。

PACでは、ブランド認知度の向上、そして新商品に関するPR戦略の立案・実施をサポートしてまいります。

ホームページ:http://www.fueguia.jp/

Instagram: @fueguiajapan




<掲載に関するお問い合わせ>

株式会社PA Communication/ifca showroom

担当:加藤(kato@pa-c.co.jp)

TEL:03-5464-7366 FAX:03-3797-7850


pagetop